家賃リスクを回避する|不動産投資で成功したいなら収益物件選びは重要

不動産投資で成功したいなら収益物件選びは重要

家賃リスクを回避する

電卓を持つ婦人

家賃リスク

賃貸経営においては、家賃収入を得ることが最大の目的になります。しかし、入居者が集まらない、家賃を支払ってくれないといった場合も多く、これらが賃貸経営における最大のリスクともいえます。入居者が集まらない理由はさまざまですが、その中でも保証人を見つけられないという人も多くいます。また保証人を立てずに部屋を貸して、家賃を支払ってくれずにそのまま逃げられてしまうと、貸し倒れとなります。もちろん家賃だけを回収できないといったケースはまだマシであり、実際には次の入居者のために部屋をクリーニングしなければならず、実質的な持ち出しになるリスクがあります。これらの問題を回避することができるのが保証会社による家賃保証制度です。

保証会社を利用する

保証会社が行う家賃保証制度は、入居者が保証会社に保証料を支払うことで家賃の滞納が起こった場合に立て替え払いをしてくれるというものです。つまり、保証人の代わりを保証会社が保証人になるというものです。家賃保証を導入することは家賃を回収できないといったリスクを最小限にすることができますし、入居者も保証人を用意する必要がないといったメリットがあるなど、入居者を獲得する上でもプラスに作用します。また家賃保証を受けるには保証会社からの審査を受ける必要があるため、入居者の審査を保証会社が代行してくれるというのも大きなメリットで、金銭的なトラブルの有無に関しての情報を間接的に知ることができるのも貸す側にとっては魅力といえます。